モンテカルロ法

モンテカルロのカジノを倒産させたとかいう噂のマネーシステムです。

カジノモンテカルロ法は勝率3分の1のゲームに適しているマネーシステムです。

ルーレットのコラム、ダズンなどが該当します。

2倍配当の賭けにも使えます。

やりかた

少しややこしいので、紙とペンを用意しましょう。メモを取りながら遊べるのも、オンラインカジノのいいところですや。

手順としては以下のようになります。
①1~3の数字を書く
②両端の数を足した数をベット
③負けた時は、ベットした数を右に書き足す
④両端の数を足した数をベット
⑤勝った時は、2倍の配当の時は両端の数字を1個ずつ、3倍の配当の時は2個ずつ消す
⑥消した後に残った数で同じことを繰り返す ⑥数字が全てなくなるか、1つになったら終了。最初からです。

以下実践例

【2倍の配当】

回数 数列 計算式 ベット額 勝敗 収支 累計 数列の変化
1 1 2 3 1+3 4 × -4 -4 1 2 3 4
2 1 2 3 4 1+4 5 × -5 -9 1 2 3 4 5
3 1 2 3 4 5 1+5 6 × -6 -15 1 2 3 4 5 6
4 1 2 3 4 5 6 1+6 7 7 -8 1 2 3 4 5 6
5 2 3 4 5 2+5 7 × -7 -15 2 3 4 5 7
6 2 3 4 5 7 2+7 9 9 -6 2 3 4 5 7
7 3 4 5 3+5 8 8 +2 3 4 5

※ 2倍配当の場合、勝敗の結果によっては必ずプラスで終わるとは限らない事があるみたいです。要注意です。

【3倍の配当】

回数 数列 計算式 ベット額 勝敗 収支 累計 数列の変化
1 1 2 3 1+3 4 × -4 -4 1 2 3 4
2 1 2 3 4 1+4 5 × -5 -9 1 2 3 4 5
3 1 2 3 4 5 1+5 6 × -6 -15 1 2 3 4 5 6
4 1 2 3 4 5 6 1+6 7 × -7 -22 1 2 3 4 5 6 7
5 1 2 3 4 5 6 7 1+7 8 × -8 -30 1 2 3 4 5 6 7 8
6 1 2 3 4 5 6 7 8 1+8 9 × -9 -39 1 2 3 4 5 6 7 8 9
7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1+9 10 × -10 -49 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 1+10 11 +22 -27 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
9 3 4 5 6 7 8 3+10 11 × -11 -38 3 4 5 6 7 8 11
10 3 4 5 6 7 8 11 5+8 14 +28 -10 3 4 5 6 7 8 11
11 5 6 7 5+7 12 × -10 -22 5 6 7 12
12 5 6 7 12 5+12 17 +34 +12 5 6 7 12

使う数式の数が1つ以下になる時に、収支がプラスになって終わります。

ポイント

マーチンゲール法のように、連敗で爆発的に損失が大きくならず、動きが穏やかです。

その代わり、一度の勝ちで損失を取り戻すことはできません。

負け続けるとベット額が増加していきますので、ある程度資金が必要になります。