ホーム » カジノシークレットの節約術!

カジノシークレットの節約術!

カジノシークレットへの入金手段は非常に多く、それぞれにメリットがあります。

注意したいのは入金手段と出金手段が異なる場合です。
エコペイズなどの電子決済サービスで出金したい場合、一度カジノシークレットに入金した実績がないと出金先に選べないようになっているからです。

銀行出金は入金手段を問わずに利用できますが、振込みまでに時間がかかると言うネックがあります。
出金をスピーディーにしたい場合は電子決済サービスのアカウントを作り、小額でも入金して出金先として選択できるようにしておくのがおすすめです。

カジノシークレットの節約術!

素早く出金したい場合は入金方法から考える必要がある

カジノシークレットは入金手段が豊富で、クレジットカードを含むさまざまな決済サービスを利用できます。
出金方法に銀行振込があるのもカジノシークレットの特徴で、日本円で直接受け取れるのが大きな魅力です。

オンラインカジノは海外企業が運営し、拠点も海外にあるのが一般的です。
入金はクレジットカードで可能でも、出金先には電子決済サービスなどを利用しなければ受け取れないことが多くなっています。
カジノシークレットは電子決済サービスの用意なく、出金ができる数少ないオンラインカジノの一つなのです。

ただし、注意点もあります。
銀行振込は時間がかかるのが一般的で、指定銀行への振込は5営業日が目安になります。
出金申請をしてから受取までに時間がかかるため、すぐに使いたい場合などに不向きなのです。

素早く出金したい場合は、一度出金先として選びたい電子決済サービスで入金する必要があります。
電子決済サービスは入金履歴を作ってはじめて出金先として選べるようになるため、入出金をスピーディーにしたい人は小額でも入金履歴を作ることが大切です。

電子決済サービスで入金した場合出金先も同じにする必要がある

カジノシークレットで電子決済サービス入金を行った場合、出金先は入金したサービスに限定されます。
複数の電子決済サービスを持っていても、入金に使ったものと別のサービスに出金することができないのです。

複数の電子決済サービスを自由に入出金に使えるようになると、悪意を持った第三者に悪用されるリスクが高まります。
セキュリティ上の措置になるため、利用するサービスを絞り込み、使い勝手が良いものに絞って使うのがおすすめです。

また、入金額はそれぞれの決済サービスで記録されているため、不要になった決済サービスの残高は使いきるか、引き出してゼロにしてしまえば問題ありません。
クレジットカード入金を使わずに電子決済サービスのみで入出金を管理したい場合、意識的に一本化するのがおすすめです。

電子決済サービスで入金した場合出金先も同じにする必要がある

デビットカードやプリペイドカードの入金も可能

カジノシークレットはデビットカードやプリペイドカードを使った入金も可能です。
本人名義のカードが必要になるものの、スピーディーに入金したい場合は大きな武器になります。

出金時は銀行振込か、別の電子決済サービスを用意する必要がありますが、使い勝手の良さが魅力です。
注意したいのは、全てのプリペイドカードが使えるわけではないことです。
プリペイドカードの中には名義が固定されていて、自分名義に変更できないものもあります。

カジノシークレットで決済をするためには必ず本名義のカードを利用する必要があり、名義が一致しなければ使うことができないのです。
特殊な決済システムを利用しているプリペイドカードなどは、決済後に入金の受付ができず、返金処理が行われるケースもあります。

カード会社側の都合で取り消された場合、カジノシークレット側ではなく、カード会社に決済できなかった理由を確認する必要があります。
全てのデビットカード、プリペイドカードで確実に決済ができるわけでは無いものの、選択肢が増えるのは確実なメリットです。

電子決済サービスを使った入金のメリット

クレジットカードを使った入金は手軽な一方で、小額の入金には手数料が発生します。
カジノシークレットでは500ドル未満のクレジットカード入金を行った場合、1.7%(最大5ドル)の手数料が設定されています。
500ドル以上のまとまった入金であれば手数料がかからないものの、少しだけ入金したい場合は電子決済サービスを使った方が特になるケースがあるのです。

特に入金ボーナスやキャンペーン狙いの場合は、入金するタイミング、金額が重要になってきます。
併用した方がお得な場合もあるため、柔軟に組み合わせられると手数料を節約できます。

電子決済サービスを使った入金のメリット

入金と出金をセットで考えるのがおすすめ

カジノシークレットは電子決済サービスを利用した入金履歴がない限り、電子決済サービスへの出金ができない仕組みになっています。
銀行振込は時間がかかるため、出金に時間をかけたくない場合は小額でも電子決済サービスで入金しておくのがおすすめです。

クレジットカード入金が500ドル未満の場合は決済手数料もかかるため、まとまった金額をいれるか、電子決済サービスで手数料を節約することも重要です。
入出金をセットで考えると、お金に関するストレスを減らすことができます。